キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.V2H(ビークル・トゥ・ホーム充放電設備)に対する補助制度はありますか?

A.ご回答内容

 倉敷市では、市内の戸建住宅にV2Hを設置される場合、その費用の一部を補助しています。

■補助対象者
 市税の滞納がなく、1)~2)のいずれかに該当する方
 1)ア)~ウ)のいずれにも該当する個人
  ア)自ら居住する本市内の戸建住宅に自己の所有するV2Hを設置した方
  イ)自ら居住する本市内の戸建住宅に太陽光発電システムを設置し、当該システムで発電した電力を当該住宅で自ら消費している方
  ウ)V2Hと連携可能な電気自動車又はプラグインハイブリッド自動車を所有している方
 2)1)-イ)及び1)-ウ)の方を対象にⅤ2Hのリースを行う事業者

■補助金額
 本体購入費用の1/2
 ・補助金額の千円未満は切り捨て。
 ・上限額:10万円

■受付期間
 令和6年4月1日(月)~令和7年3月31日(月)
 ・先着順で、予定件数に達し次第、受付を終了します。
 ・設置日(保証書の保証開始日)から90日以内に申請することが必要です(必着)。

■手続き方法
 手続き・申請方法、当年度の予算執行状況等、詳細については、ホームページをご覧ください。
  ⇒https://www.city.kurashiki.okayama.jp/cn-ev/

<お問い合わせ先>
 ・担当課:【環境政策課 地球温暖化対策室】
 ・連絡先:環境政策課 地球温暖化対策室
           (086-426-3394) 


id2920.

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
ごみ・リサイクル・環境 > 環境と衛生
FAQ ID
2920
更新日
2024年03月30日 (土)
アクセス数
198
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿