キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.高額医療・高額介護合算制度について教えてほしいのですが?

A.ご回答内容

■制度について
 医療と介護のサービスを両方とも利用している世帯で、1年間の医療費の自己負担金と介護保険サービス利用料の自己負担金の合計額が、下表の上限額を超えた場合、超えた金額を支給します。
 ・世帯の年間での上限額(年額/8月~翌年7月)

 

 区分

70歳

未満

 区分

70~74歳

75歳以上

 

上位

所得者

旧ただし書所得

901万円超

212万円

現役並み所得者

(住民税の課税所得が145万円以上※)

  例外あり

 67万円

 

旧ただし書所得

600万円超~901万円以下

141万円

 

一般

旧ただし書所得

210万円超~600万円以下

67万円

 一般

56万円

 

旧ただし書所得

210万円以下

60万円

 

非課税

住民税非課税世帯

34万円

低所得者

(世帯全員が住民税非課税の場合)

31万円

 

低所得者

(年金収入が80万円以下などの場合)

19万円

 65歳以上75歳未満で後期高齢者医療制度に加入されている方は、75歳以上の区分になります。


■対象者への通知
 毎年 3月中旬 です。
 支給の対象となる国民健康保険および後期高齢者医療制度の加入者のみに通知しています。
 同封の申請書で申請してください。
 (ただし、毎年8月~翌年7月末に、他市町村から転入された方や、ほかの医療保険から倉敷市の国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入した方には、お知らせできない場合があります。)


■申請に必要なもの
1)国民健康保険または後期高齢者医療の保険証
2)介護保険証
3)印鑑
4)通帳
 ※被保険者以外の振込口座を指定される場合は、代理人(口座名義人)の認印も合わせてお持ちください。
 ※領収書は不要です。


■申請先
 基準日(毎年7月31日)時点に加入している医療保険者に支給申請します。

 1)国民健康保険の方
  本庁国民健康保険課、児島・玉島・水島の各保健福祉センターの国保介護課、真備保健福祉課

 2)後期高齢者医療制度の方
  本庁医療給付課、児島・玉島・水島の各保健福祉センターの国保介護課、真備保健福祉課

 3)その他の医療保険の方
  加入している医療保険(他の市町村の国民健康保険や後期高齢者医療制度、被用者医療保険)の窓口へお問い合わせください。
  申請の際、別に「介護保険自己負担額証明書」が必要となる場合がありますので、必要な方は本庁介護保険課、児島・玉島・水島の各保健福祉センターの国保介護課、真備保険福祉課で証明書の交付申請をしてください。

 ※詳しくは、下記・連絡先まで、お問い合わせください。

<お問い合わせ先>
 ・担当課:【医療給付課】
 ・連絡先:医療給付課
         (086-426-3395)
       国民健康保険課
         (086-426-3281)
       介護保険課
         (086-426-3343)       

id2028.

属性情報

ライフサイクル
高齢者
カテゴリ
医療・健康保健・食品衛生  >  医療費助成・手帳
FAQ ID
2028
更新日
2019年04月22日 (月)
アクセス数
944
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿