キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.不妊治療をした場合に補助はありますか?

A.ご回答内容

■特定不妊治療費の助成について
 不妊症のため、子どもを持つことができない夫婦に対して、体外受精及び顕微授精について、医療費の一部を助成します。
 また、特定不妊治療のために行った男性不妊治療(精巣又は精巣上体から直接精子を採取する手術)についても助成します。

■対象(すべてに該当する場合です)
 ・治療開始日において法律上の夫婦で、夫または妻の住所が倉敷市内にある方
 ・指定された医療機関で体外受精及び顕微授精の治療を受けられた方
 ・夫婦の前年所得の合計額が730万円未満の方
 ・助成を受けようとしている治療に対して、治療初日の妻の年齢が43歳未満であること 

■助成の額
 ・1回の治療につき15万円(*治療内容によっては7万5千円)まで助成します。
 *治療内容が「以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施」、「採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止」の場合は助成額の上限が7万5千円になります。
 ・特定不妊治療のために行った男性不妊治療は1回につき15万円まで助成します。
 ・主治医の方針により採卵前に行った男性不妊治療で「精子又は状態のよい精子が得られず中止した場合」に限り、男性不妊治療のみ助成が受けられます。 

■初めての助成金申請に限る措置
 ・1回目の特定不妊治療助成金申請については、助成上限額が30万円になります。
 ・ただし、「以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施」「採卵したが卵が得られない又は状態のよい卵が得られなかったため中止」の場合は、1回目の申請であっても助成上限額は7万5千円です。

■助成の回数等
 ・初回の助成に係る治療の開始日において妻の年齢が40歳未満の場合は6回まで助成
 ・初回の助成に係る治療の開始日において妻の年齢が40歳以上の場合は3回まで助成
 ・年度による回数及び通算年度制限はありません
 ・平成27年度末までに助成を受けたことがある場合でも全ての方について新制度を適用する
 ・いずれの場合も他自治体で助成を受けたものを含む

■申請方法
 ・不妊治療の支払いが終了した年度内(支払い終了日以降最初の3月31日まで)に申請書及び必要書類を添えて申請窓口まで提出してください。
 ・申請に必要な書類等については、下記HPをご覧ください。
   倉敷市保健所健康づくり課「倉敷市特定不妊治療助成金給付事業」
  ⇒http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?itemid=6737&inheirt=off

<お問い合わせ先>
 ・担当課:【健康づくり課】 
 ・連絡先:市保健所健康づくり課 健康管理係
         (086-434-9820)
             〃       倉敷保健推進室
         (086-434-9822)
       児島保健福祉センター 児島保健推進室
         (086-473-4371)
       玉島保健福祉センター 玉島保健推進室
         (086-522-8113)
             〃       真備保健推進室
         (086-698-5111)
       水島保健福祉センター 水島保健推進室
         (086-446-1115) 


id881.

属性情報

ライフサイクル
出生・誕生
カテゴリ
医療・健康保健・食品衛生  >  医療費助成・手帳
FAQ ID
881
更新日
2016年03月25日 (金)
アクセス数
1,158
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿