キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.病院での支払が自己負担限度額までになる制度があると聞いたのですが?

A.ご回答内容

■自己負担限度額について
 「限度額適用認定証」といって、医療機関等の窓口に提示することにより、窓口での医療費負担が自己負担限度額(月額)までになる証があります。この証は入院・外来いずれにも使用できます。

■交付について
 証の交付には申請が必要で、保険料の滞納が無いことが交付の条件です。

■交付申請に必要なもの
 ・国保の保険証(証の交付対象者のもの)
 ・世帯主の印鑑(認印でよい) 

 ・来庁者の本人確認ができるもの(保険証・免許証など)
 ・長期入院該当者(申請前の1年間で住民税非課税の期間に90日を超えて入院している人)は領収書等入院期間の確認できるものが必要な場合があります。
 ・委任状(世帯主または同一世帯員以外の人が申請する場合)

★注意事項
 ・証は1週間以内に郵送します。(即日交付はできません)
 ・保険料を納期限を過ぎて支払った場合、受付時に領収書の確認をさせていただくことがあります。

 ・入院中などで来庁が困難な方には郵送での申請も受け付けています。ご連絡ください。


 ・別世帯の方が申請される場合は委任状が必要となります。


 ・郵送でも申請は受付けておりますが、保険料の滞納がある場合は原則受付できません。(申請書はホームページの国保届出様式内にあります)


 



    
<お問い合わせ先>
 ・担当課:【国民健康保険課】
 ・連絡先:国民健康保険課
         (086-426-3281)
       児島保健福祉センター国保介護課
         (086-473-1114)
       玉島保健福祉センター国保介護課
         (086-522-8185)
             〃     真備保健福祉課
         (086-698-5112)
        水島保健福祉センター国保介護課
         (086-446-1123)


 (申請は庄・茶屋町支所市民係,船穂支所市民税務係でも受付できます。)


id808.

関連するURL

属性情報

ライフサイクル
病気
カテゴリ
保険・年金  >  国民健康保険
FAQ ID
808
更新日
2016年06月03日 (金)
アクセス数
813
満足度
☆☆☆☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿