キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.平成30年7月豪雨で被災しました。保険証や現金がなくても医療機関等の受診(及び介護サービスの利用)ができますか。

A.ご回答内容

国保、後期高齢者医療制度・介護保険制度の被保険者の方で、床上浸水の被災をされたなど一定の条件に該当する方は、保険証や現金がなくても、医療機関等での受診や介護サービスの利用ができます。


(詳細)


倉敷市の適用市町村の国民健康保険・介護保険、岡山県の後期高齢者医療、協会けんぽ(以下の「対象保険者」に記載の保険者)に加入している場合、次の?~?のいずれかに該当する方は、医療機関、介護サービス事業所等の窓口でその旨をご申告いただくことで、医療保険の窓口負担介護保険の利用料について支払いが不要となります。


・平成30年10月末まで 


①住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方(※罹災証明書の提示は必要ありませんので、窓口で口頭で申告してください。)、②主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方、③主たる生計維持者の行方が不明である方、④主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方、⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方


※ 医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、ご加入の保険者から、確認が行われることがあります。


※ 上記の医療保険・介護保険の加入者であれば、府県外の医療機関等を受診、介護サービスを利用された場合にも支払いを求められることはありません。


※ なお、入院・入所時の食費・居住費などはお支払いいただく必要があります。


 


id2733.

属性情報

ライフサイクル
病気 / 高齢者
カテゴリ
保険・年金  >  国民健康保険
FAQ ID
2733
更新日
2018年07月20日 (金)
アクセス数
203
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿