キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.障害年金について相談したいのですが? また障がい者手帳を取得したのですが,障害年金を受け取ることができますか?

A.ご回答内容

障害年金は、年金保険料の納付用件を満たしていること等の条件を満たせば請求することができ、そして国が指定する日付における症状が年金法で定める障がいの等級に該当すれば受給することができます。


※障がい者手帳の等級と、障害年金の等級の基準は異なります。


◆障がいの原因となった病気やケガについて、初めて病院を受診した日(初診日)の時点で加入していた年金の種類によって相談窓口が異なります。


 ・市役所の国民年金担当窓口・・・初診日において20歳未満で厚生年金に加入していなかった方。


                 初診日において国民年金(第1号)に加入していた方。


                 初診日において60歳以上65歳未満で厚生年金に加入していなかった方。


 ・年金事務所・・・初診日において厚生年金・共済年金に加入していた方。


          初診日において配偶者の扶養(国民年金第3号)に入っていた方。


※初診日が65歳以降の日の場合は請求不可。(因果関係があるような他の傷病の初診日が65歳より前にある場合は要相談。)


 


まずは「初診日」を正確にしていただいたうえで,各相談窓口へお問い合わせください。


 


<お問い合わせ先>


 ・担当課:【市民課 国民年金係】


 ・連絡先:本庁市民課国民年金係    (086-426-3291)


       児島支所市民課         (086-473-1113)


       玉島支所市民課         (086-522-8112)


       水島支所市民課         (086-446-1128)


       真備支所市民課          (086-698-1113)


 ・その他連絡先:倉敷東年金事務所    (086-423-6150)


           倉敷西年金事務所     (086-523-6395)


id2587.

関連するURL

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
保険・年金  >  国民年金
FAQ ID
2587
更新日
2017年03月31日 (金)
アクセス数
319
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿