キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.年金収入が400万円以下の人は確定申告が不要になったそうですが、市県民税の申告は別途必要な場合があると聞きました。どういった場合ですか?

A.ご回答内容

■平成23年分の確定申告から、公的年金などの収入金額が400万円以下で、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合には所得税の確定申告をする必要がなくなりました。なお、この場合も所得税の還付を受けるためには確定申告をする必要があります。
 また、所得税の確定申告をしなくてよい場合でも、次に当てはまる場合は市県民税の申告が必要です。
 ①「公的年金等の源泉徴収票」に記載されている控除以外の控除(生命保険料控除や医療費控除等)の適用を受ける場合

 ②公的年金等に係る雑所得以外の所得(20万円以下)がある場合


<お問い合わせ先>
 ・担当課:【市民税課】
 ・連絡先:市民税課
         (086-426-3181)


id2292.

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
税金  >  市・県民税
FAQ ID
2292
更新日
2021年04月01日 (木)
アクセス数
1,697
満足度
☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿