キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.発火の危険があるものの処分方法を教えてほしいのですが?

A.ご回答内容

■中身が残ったままのスプレー缶やカセットボンベ、大量の花火やマッチ、乾電池が入ったままの製品などは、出し方を誤るとごみの収集時に火災が発生することがあります。

■中身を排出する手順
 排出する場合には、次の手順でお願いします。
 1)
スプレー缶・カセットボンベ
  
中身が残っている場合は、風通しのよい屋外で中身を出し切り、中身が空であることを確認したうえで、穴を開けて「資源ごみ」の黄色いコンテナに投入して下さい。
 2)
花火やマッチ
  花火やマッチには火薬が使われていますので、必ず水で湿らせてから「燃やせるごみ」で出してください。
 3)
乾電池・リチウム電池を使う製品
  乾電池・リチウム電池を使う製品そのものは「粗大ごみ」です。
  電池は必ず抜いてから各環境センターや東部埋立事業所へ直接お持ちいただくか、電話申込(435-5300)による戸別収集を依頼してください。
 4)
使い捨てライター
  必ず中身のガスを使い切ってから、「燃やせるごみ」で出してください。
  ガスが残っている場合は、布で包んで金づちで壊すなどしてガスを抜いてから「燃やせるごみ」で出してください。

<お問い合わせ先>
 ・担当課:【一般廃棄物対策課】 
 ・連絡先:一般廃棄物対策課
          (086-426-3375)



id2233.

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
ごみ・リサイクル・環境  >  ごみ・し尿
FAQ ID
2233
更新日
2015年06月30日 (火)
アクセス数
730
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿