キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.ライフパーク倉敷の各センターについて知りたいのですが?

A.ご回答内容

■市民学習センター
 市民学習センターは、市民のみなさまの生涯学習活動を支援するための拠点施設として設置され、子どもから高齢者まで幅広い層を対象に、さまざまな講座を開催しているほか、多数のホールや会議室等を備え、研修や会合等にご利用いただいています。
 図書室には約6万冊の蔵書があり、おはなしタイムやストーリーテリングの会等の子ども向けのイベントも開催しています。

■科学センター
 科学センターは、次代を担う青少年に科学技術の正しい認識、普及、啓発を図るとともに、宇宙への限りない夢と豊かな感性や創造性を育み、地球環境を守り育てる心を培うことを目的に設置されました。
 座席数165席、ドーム径21mの宇宙劇場では、「プラネタリウム」「全天周映画」の2種類の番組を上演しています。
 展示室では、体験を通して科学する心を養うことができるよう、さまざまな展示品を常設しています。
 また、わくわく実験室、わくわく工作室等の幼児・児童向けの講座や、天体観望会、プラネタリウムコンサート等の天文に関するイベント、 科学実験教室、科学工作教室等の楽しく科学を学ぶ講座も開催しています。

■埋蔵文化財センター
 埋蔵文化財センターは、市内に埋蔵されている文化財の保護・保存を図るための拠点施設として開館しました。
 文化財に対する市民のみなさまの興味と理解を深めることを目的として、発掘調査をはじめ、出土遺物の整理・研究・収蔵を行なっています。
 当センター展示室には、発掘現場の調査風景を再現したジオラマや、弥生時代の生活を知ることができる復元住居が展示してあります。
 また、発掘調査を行った市内の遺跡を時代順に紹介するコーナーや土器の復元を体験できる土器パズル等もあります。

■情報学習センター
 情報学習センターは、学校などの教育の情報化の支援及び推進を図るために設置され、学校教育及び社会教育における情報教育の調査、研究、企画立案及び総合調整や教育委員会が運用するネットワークの管理、運営などの業務を行なっています。
 また、倉敷市教育委員会管轄の施設に勤務する教職員を対象として、情報教育の研修会等も開催しています。

■教育センター
 教育センターは、教員を対象とした経験年数別研修講座や課題別研修講座などを実施しているほか、不登校児童生徒の適応指導や、育児・子育てなどの教育相談、教育に関する情報の収集・提供などを行なっており、倉敷市における教育の振興・充実に努めています。

 ・ライフパーク倉敷
  ⇒http://www.kurashiki-oky.ed.jp/lpk/m-lpk/

<お問い合わせ先>
 ・担当課:【市民学習センター】
 ・連絡先:ライフパーク倉敷 市民学習センター事務室
                (086-454-0011)
              市民学習センター図書室
                (086-454-0015)
              科学センター  
                (086-454-0300)
              埋蔵文化財センター 
                (086-454-0600)
              情報学習センター 
                (086-454-0080)
              教育センター
                (086-454-0400)


id1565.

関連するURL

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
教育・国際交流・スポーツ・文化  >  生涯学習
FAQ ID
1565
更新日
2019年04月01日 (月)
アクセス数
1,002
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿