キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.弱っている動物を見つけたのですが、どうしたらよいのでしょうか?

A.ご回答内容

■対応方法
 スズメ、カラス、サギ、ハト、タヌキ等の野生鳥獣が病気や怪我で弱っているのを発見したときには、車等の通らない安全な場所等に移動させ、様子をみてあげてください。
 野生動物は厳しい野生の中で生きることが宿命であり、安易に人間が保護することがかえって自然界で生きる力を失わせる場合もあります。
 どうしても人道的な配慮から保護の必要がある場合は、ご自身で岡山県鳥獣保護センターへお連れください。

★注意事項
 ・持ち込む前にご自身で事前連絡をしてください。
 ・搬入は野生鳥獣に限ります。犬や猫などのペット類は一切扱っておりませんのでご注意ください。


<お問い合わせ先>
 ・担当課:【農林水産課】
 ・連絡先:本庁農林水産課
          (086-426-3425)
       児島支所産業課
          (086-473-1115)
       玉島支所産業課
          (086-522-8114)
       船穂支所産業係
          (086-552-5110)
       真備支所産業課
          (086-698-8113)
       岡山県鳥獣保護センター
          ・池田動物園(086-252-2131)

           岡山市北区京山2-5-5

          ・自然保護センター(0869-88-1190)

           和気郡和気町田賀730


id1043.

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
自然・動物・科学  >  野生動物・虫
FAQ ID
1043
更新日
2020年04月10日 (金)
アクセス数
4,059
満足度
☆☆☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿